昨日と同じ今日はない、明日はもっとCOOLな時を!


by tomocooljp

LOVE

b0010038_0342181.jpg

君の笑顔を見ているうちに
なんだか嬉しくなってきて
陽だまりの中 いつまでもはしゃいだ

このまま時が止まればいいのになんて
子供のように 本気でそう思った

”クスリ”と笑う君の笑顔がまぶしくて
僕は一瞬息もできないほどだった
そんな単純なことにさえ 幸せ感じてた

いつの間にか 心から君へ
光あふれるこの気持ち

b0010038_0423877.jpg
貴女を愛しています
[PR]
# by tomocooljp | 2004-09-03 00:43

ヤサシイ時に包まれて

b0010038_23381949.gif
陽だまりのような やわらかさ抱き 目を閉じる
緑の風が吹いて 私の髪を揺らす
木々のざわめきや 草のにおいを感じてる
あなたの隣に座り 手のひらを重ねる


心が沈む時「何もかもなくしてしまえばいい」
と泣く 私のわがままも 
ただ手招きして ただ笑ってくれる
大きな あなたのやさしさをみつける

木漏れ日が降りて私の頬をなでていく
この ヤサシイ時 に包まれて眠りたい

雪解けの ゆるやかな流れを感じてるb0010038_0122649.gif
あなたの手をとり私は 歩いて行けるでしょう。



PS.アーリー心穏やかにね!!
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-31 00:12

名前


あなたの部屋に電話をかけるとb0010038_1501450.jpg
その声は静かにあなたの苗字を告げた

しばらく何も言い出せなかった私に
その声はもう一度あなたの苗字を告げた

私は自分の名前を名乗り
「またかけ直します」と電話を切った

あなたの部屋に あなたの名前を名乗る人がいる---

---何度かあなたの苗字をつぶやいて
苦笑いした・・・

低い雲広がる午後のこと
戻した受話器 耳に残るあなたの名前

その声はとてもきれいな声だった
b0010038_14383652.gif
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-28 15:02

きっと明日は

b0010038_225421.jpg白い花揺れる
近づく夏の終わり

電車の窓から見上げる夏の空
淡く消えたあの日の想い出は
いつの間にか心の写真立ての中

もしもあなたと出逢わなかったら
私はもっと泣き顔だった


b0010038_2291868.jpg

頑なな一本道
曲がりくねる心
光差す明日への道・・・



b0010038_2265779.jpg

長く伸びる影
訪れる夜の帳

横断歩道の上見上げる夕焼け
遠い記憶の片隅 ドア閉める音
臆病な心の数だけの鍵


b0010038_22103067.jpg
もしもそのドアを開けなかったら
私はまだ出口のないトンネルにいた

遠く呼ぶ声
揺れる感情
明日という魔法・・・
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-26 22:16

In the sky

b0010038_0185180.jpgb0010038_0193591.jpgキミ想う時
夕焼け色の雲
遠い空の端
今日を振り返る

ただ通りすぎる時の中で
僕たちは...
未来に何を見いだすだろうか
b0010038_022771.jpg

キミ想う夜
光瞬く星
遠い山の影
昨日を想い出す
b0010038_025549.jpg
ただ行き交う時の中で
僕たちは・・・
変わって行く心に何を
問うだろうか

b0010038_026198.jpg瞬きする間もない
この時の中で・・・
b0010038_0272081.jpg

[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-26 00:28

潮騒のロマンス

b0010038_20241084.gif

テトラポットの波しぶき
ぼんやり眺める君の
遠い目線の先

言いそびれた言葉の一つは
この澄み切った青空の向うb0010038_20245621.gif
僕らはいつだってこの青空の向うには
また同じ空がつづいていると信じていた

静かによせる波の音
頬杖つく横顔の君の
遠い目線の先

言わなかった言葉の一つは
あの風が吹く水平線の向う
僕らはいつだってシャボンのような夢でも
きっと叶えられると信じていた

遠い目をした君の横顔
ゆっくりとした時の流れの中で
潮騒のロマンス・・・
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-23 20:26

BE STILL IN MY HEART

「Be still in my heart」 b0010038_059568.jpg

You leaned on the seat and as, looked down.
A door is opened calmly. You do not turn.
b0010038_0514114.jpg
your profile reflected to side mirror
I break in an accelerator so that it may shake off Into rain, it disappears and goes

Be still in my heart I call for you
I see off the back of you who leave toward a dream.

Far spring when met for the first time
You smiled with the mischievous pupil.
b0010038_0523857.jpgThe time of flowing stops.

Be still in my heart  I remembers your warmth.
I can’t embrace you who fly away and go with the heart.

The season which rotates and comes
Even if the scene of a town changes, I can surely find you.

Be still in my heart I call for you.
I am brightness in your pupil which he does not forget all the time.
b0010038_05437100.jpg
Be still in my heart  I remembers your warmth
I look up at that direction of the empty from which the car was parked and you flew away.
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-20 01:03

不安定な笑顔の行方

b0010038_23484539.gif心の話を語る君、いつもどこか淋しげ

淋しげに写るのは、僕が寂しいからなのか?

君は言う「平気!へっちゃら!大丈夫!」

言葉とは うらはらな その瞳を
みつける度に僕は君を守りたくなる
君は守られることを拒む、包まれることに慣れない

そしてまた君は言う
「あなたはいつか壊れてしまいそうよ」と

時には 甘えること 時には ぼやくこと
そんなことがあったら、君が僕に近くなったような気がしてうれしい

b0010038_23492834.jpg
君はまるで細い平均台の上 後ろ歩きしてるみたい
「平気!へっちゃら!」って・・・
見てる僕がハラハラする

君のほうこそ、いつか壊れてしまいそうだ
僕の腕に掴まって この手を掴んで
離さないでいいんだよ

君はいつも笑って 平気!へっちゃら・・・
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-18 23:46

曖昧な・・・

b0010038_0542029.jpg
b0010038_054553.gif
胸がドキドキして苦しくなると

決まってあなたのことを想い出す
深呼吸して一仰ぎ空を見上げたら
ふっと 消える不安

もう少し背伸びして・・・あなたの頬に触れる
もう少し瞬きせずに・・・あなたの目を見つめる

b0010038_0591527.gif言葉は時として、曖昧な方が優しく
時として曖昧なだけ残酷だ

希望の魔法を小瓶に詰め込んで
ひとしきり歩いたら少し羽を休めよう

今はただ、決断の時をまつだけ
過去でも未来でもない

今この時 心の行方を見守るだけ
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-18 00:25

エクボのキミ

b0010038_2051576.gif
b0010038_20545899.gif

想いの深さに「ハッ」とする
自分ではコントロール不可能なエリア

僕は君が大きな声で笑うその笑顔の隣に
いたいだけなんだ 他には何も望まない

笑うとほっぺの真ん中 へこむえくぼ
触りたい 触らせてb0010038_1214759.gif

くすぐったがるようなしぐさで君は
笑いながらにげていく

木漏れ日が君の笑顔を通り抜け
やさしく奏でる緑の音

まんまるの目で見つめる先に
いつまでもいたいと想う
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-16 21:09
「夢の欠片」

コンペイトウのような夢のカケラb0010038_1334537.gif
ポケットにしまって歩き始めた僕らは
その白やピンクの淡き甘さにヒトトキ酔いしれる
強く握れば溶けてしまう夢のかけら
優しく壊さぬようにそっとその手の平に

言わないと約束した君への言葉はいつしか
唇を離れ、臆病な僕は夢のかけらの入った箱に
鍵をする

僕は途方に暮れる毎日から逃げ出すように
君の手をとる

トライアングルの迷路
すぐにゴールが見えそうで
いつまでもたどり着かない
心細くなる時間の中で臆病な僕は
君を抱きしめるだけ

「分かってるわ」のつづきはいつも
「でも・・・」で終わって
そして黙って君は僕にキスをする

コンペイトウのような淡き夢はまた
その甘さだけを切なく残していく...
[PR]
# by tomocooljp | 2004-08-13 01:39